馬場傾向

最近の東京競馬場は、高速馬場で前残りになる傾向が強いですね。安田記念はどうなるでしょうか。

天気が馬場傾向に影響するポイントになるとBaken-GOは考えています。

金、土、日あたりに雨がどれだけ降るか注目しております。雨が降らなければ高速馬場の前残り、逆に雨が降れば差しの効く馬場や重馬場巧者の登場があるのではないかと考えております。

また話は変わりますが、東京競馬場の1600mはタフなコースです。NHKマイルやヴィクトリアマイルでも同じことを言っているので簡単にまとめますが、ペースが緩みづらいコースで、短距離よりも中距離くらいをこなせる馬が活躍するコースと言われております。

注目ポイント

アーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリットについて注目ポイントを書こうと思います。

※他の馬を見限っている訳ではありません。

まずはアーモンドアイを軸に展開を巡らそうと思います。

アーモンドアイは、最近はスタートも悪くないです。先行から中団で競馬する脚質です。

適性距離は1800〜2400mくらいと言われており、つまり東京1600mには適性があると考えます。

Baken-GOがアーモンドが負けるパターンがあるとすれば、下記2パターンを考えてます。

<パターン①> 高速馬場で逃げ・先行馬に届かない場合

ここでいう逃げは、アエロリット。

先行馬は、ダノンプレミアムを想定しております。

アエロリットは、前走ヴィクトリアマイルでは、海外帰りからの休み明けで、かなりのハイペースで逃げを打って出ながらも5着はかなり強いと評価しております。

アエロリットのローテーションは、たたき2戦目の安田記念に照準を絞ってきていると考えても良いと考えてます。昨年の安田記念も2着ですし、コース適性は高いです。

ダノンプレミアムは、詳しくは後述しますが、スタートも良くアーモンドアイよりも前で競馬をするはずです。(枠順次第かもしれませんが。)

高速馬場によりこの2頭(アエロリットやダノンプレミアム)を、アーモンドアイが最後の直線で捕まえ切れないことが懸念されます。

<パターン②> 単純にダノンプレミアムが強い場合

ダノンプレミアムとアーモンドアイは、直接対決をしたことがありませんので、Baken-GO的には勝ち負けが付いていないと考えおります。

しかもダノンプレミアムは、日本ダービー以外全て1着です。そして、その日本ダービーでの敗因もはっきりしていると考えております。

日本ダービーでは、ケガからの休み明けで、ぶっつけのレースとなってしまいました。そしてレース前から異常発汗が目立ち、さらに2400mという折り合いが大切な距離において、レース中盤まで折り合いを欠いて体力を消耗してしまい、結局6着でしたが逆に強いと感じる6着でした。

またローテーションに関しても、安田記念狙いと言っても過言ではないダノンプレミアムと、海外帰りのアーモンドアイでは、ダノンプレミアムに分があると考えてもおかしくないと考えております。

まとめ

現時点では、まだ天気や枠順に予想が左右されそうなので、展開の予想が難しいです。

1つ言えるのが、アーモンドアイ、ダノンプレミアム、アエロリットからBaker-GOは軸を選びたいと考えてます。

著者
Baken-GO

Baken-GO

コメントを残す