戦力図

想定オッズを見ると、大きく分けると皐月賞上位組 vs 青葉賞組といったところでしょうか。
特に、やはりサートゥルナーリアが頭一つ抜けてますね。

皐月賞組,青井賞組,現在おもしろいと思っている穴馬について所見を書いて参ります。

皐月賞について

サートゥルナーリアは、客観的に皐月賞を観ても、ホープフルSからの休み明けで,外々を回して勝つとはかなり強いと感じました。
最後の直線でヴェロックスと一悶着ありましたが、両者とも強いでね。

ダービーでのレーン騎手のテン乗りも気になりますね。
上手な騎手なので心配ないとの声もありますが。どうでしょうか。


逆にBaken-GO的に、狙い目なのが、ダノンキングリーだと思っております。
ダノンキングリーは皐月賞では3着とはいえ、1着のサートゥルナーリアとタイム差なしです。
ダノンキングリーは、皐月賞でインコースを回ってきて距離ロスの少ない競馬をしているので地力としての過剰評価は禁物かもしれません。
しかし、安定して距離ロスの少ない競馬ができることは、先行馬の特権なので一つの能力とも評価できると思います。
そして前々走(共同通信杯G3)は東京競馬場を使っており、NHKマイルカップ優勝馬のアドマイヤマーズに勝って1着(上り最速)になっております。
皐月賞が、共同通信杯から2ケ月明けているいのも、ダービーへのローテーションを考えているのではないでしょうか。
また関東馬なので輸送が輸送が楽なのも良いと思います。

青葉賞組について

逆に、軽視しているのが青葉賞組(リオンリオンとランフォーザローゼス)です。

現在、レコードタイムがバンバン出るような東京競馬場の高速馬場で、先行有利のレースで先行していた馬が勝ったレースと言えると思います。
最後の直線に向かうときに、先行と中団が5~6馬身開く中で、先行が止まらず勝ったようにBaken-GOの目には映りました。

気になる穴馬

Baken-GOの個人的に気になる馬が、1頭います。
シュヴァルツリーゼです。
飛びの大きなフォームで東京競馬場向き(日本ダービー向き)と思います。
皐月賞は、出遅れて中団後方の内側で競馬して、最後の直線は前が開かず12着と惨敗でした。
(Baken-GO的には飛びが大きく、長く良い脚を使える馬に向かない競馬をしたのではないか、と考えております。)

しかし、前々走(弥生用G2)も、出遅れて後方からの競馬をしておりますが、長い脚を使い、まくり気味で大外をぶん回して、2着まで来ており、良いところを見せております。
弥生賞は重馬場だったのでどこまで評価して良いか不明ですが。。。

新馬戦(東京競馬場)みたいに、うまくスタートして、スムーズな競馬をしてくれれば一発あると思ってます。

少しでもご参考になれば、ブログランキングのご投票をお願いします↓
ブログランキング

著者
Baken-GO

Baken-GO

コメントを残す