宝塚記念の予想をしていきます。
前回ブログでも申し上げました通り、今回の適性は以下の3点に注目して選びました。

■タフな馬場に強いこと
 ※6/22(土)のタイムを見ると、良馬場でもタフな馬場になっていそうです。

■持久力
 ※最後の短い直線だけでは、届かないので

■ローテーション
 ※海外帰りの有力馬たちがどこまでコンディションを整えてくるかも重要です。

展開予想

逃げ馬と想定するキセキを軸に展開を予想します。

今回キセキは1枠1番であり、他に逃げ馬もいない逃げ馬にとって絶好の条件と言っても過言ではないと思います。

とはいえ、”キセキはスタートが遅いので、内に包まれるのでは?”との声もありますが、2番ゲートのレイデオロや3番ゲートのエタリオウは中団で競馬すると考えるので、内に包まれる心配はないと思います。最初のコーナーまでの距離も長いですし。

レイデオロは、前走のドバイでかなりかかっていたので、前に壁を作りたいと考えていると思います。

4番のアルアインも好位に付けたいが、アルアインは逃げはしたくないと思います。

そう予想すると、キセキは序盤スローペースでハナを奪えるのではないか?と予想しております。

キセキからすると序盤スローペースでも瞬発力勝負ではリスグラシューやレイデオロに差されてしまうので、ロングスパートをかけると考えます。(Baken-GOが騎手ならそうしたいです。)

結論、キセキを展開の軸と考えて、序盤スローペースからのロングスパート対決を想定します。

Baken-GOの予想

本命

本命◎:キセキから入ります。

まず展開が向くと考えます。上記のように、楽にハナを奪ってスローペースからのロングスパート対決に持ち込めば、キセキのペースになると思います。

さらに実力も上位と考えます。

前走(大阪杯)は、休み明けでさえアルアインにクビ差の2着。

前々走(有馬記念)は、ゲート出遅れ後に大外枠から押して出して逃げ、粘っての5着。

3走前(ジャパンC)の2着は、不利なく競馬しましたが、アーモンドアイに負けただけです。

対抗

対抗◯:スワーヴリチャードとレイデオロ

スワーヴリチャードは、持久力勝負に向いてます。

今回のペースが、スワーヴリチャードの6走前(昨年の大阪杯1着)のようになると想定してますので、スローペースからのロングスパートでキセキが作るペースと相性が良いと考えております。

11番枠に入りましたが、少頭数なので、差しやまくりがしやすそうです。

レイデオロは、単純に実力上位と考えました。

ダービーや天皇賞秋の勝ち馬であり、5歳馬の世代最強クラスと考えます。瞬発力も持久力勝負も両方こなせると思いますし、重馬場もこなせるすごい馬だと考えています。

スワーヴリチャードとレイデオロを、対抗に抑えた理由は、ローテーションです。

スワーヴリチャードとレイデオロはドバイ帰りの影響が不明なのに対し、キセキは国内でたたき2戦目です。

どちらが本気で、宝塚を狙っているか…?を想像した結果、キセキを本命にしました。

抑え

抑え△:エタリオウ、アルアイン、マカヒキ、リスグラシュー

エタリオウは、戦績が安定しており、ロングスパートが得意です。しかし一旦ハナに立つと”空を使うクセ”があるらしく、乗り難しいと話に聞きます。

アルアインは、前走(大阪杯)のように好位に付けて差しくる可能性があります。アルアインも持久力勝負は得意なので、要注意と考えます。しかし、昨年天皇賞秋でレイデオロやキセキに敗れているように、実力が1枚落ちるのでは?と考えて抑えに回します。

マカヒキは、馬柱だけを見るとパッとしませんが、例えば一昨年のジャパンCや、今年の大阪杯などの過去のレースを観ると、かなり良い末脚を使って伸びています。今回の宝塚記念では、少頭数ということもあり、いつもより外を回す必要がないので差しやすい可能性があると考え、抑えます。

リスグラシューは、正直、今回のレース適性から外れていそうなので、抑えから消そうか迷っております。リスグラシューは瞬発力勝負が得意なタイプと見えます。しかし、戦績が安定していることや、過去時計のかかる馬場(例えば、秋華賞2着)もこなせているので抑えたくなってしまいます。次回ブログ(買い目)になければ、お察しください。

もし少しでも参考になればブログランキングにご投票をお願いします↓
ブログランキング

著者
Baken-GO

Baken-GO

コメントを残す