馬券の考え方

カジノでいうマーチンゲール法の考え方に近いです。
簡単に言うと、負けてる分を回収する賭け方です。
(ルーレットの赤黒でいうと、勝てるまで賭ける額を倍→倍→・・・に吊り上げていくと、負ける確率は半分→半分→・・・に減るという考え方です。詳細は割愛させて下さい。)

今回の安田記念は、Baken-GOにとっては少し大きく買おうと思います。

もちろんリスクを伴う賭け方になるので、自己責任でお願いします。

また競馬の場合は、賭ける額を増やさなくても、”負けてる額を回収できるだけのオッズが付く穴馬や馬券の買い方を狙っていく”という考え方もあるのかと思います。
負ける確率を減らしていくという点では、マーチンゲール法に考え方は近いのかと思います。

Baken-GOの予想おさらい

予想の根拠は、前回のブログをご覧ください。

<本命◎>
2頭軸
 2番:アエロリット
 14番:アーモンドアイ

<抑え△>
6頭(3連複,3連単のヒモ)
 4番:サングレーザー
 5番:インディチャンプ
 7番:モズアスコット
 8番:ステルヴィオ
 13番:ペルシアンナイト
 15番:ダノンプレミアム

以下、ゲート番号で書きます。

馬券の買い目

<ワイド:10000円>

以下、ワイド1点 “10000円”
2-14:10000円
※ワイドは3連複の3頭目の総流しと同じ、、、
あまりBaken-GO的に気が進まないですが、4.5倍くらいのオッズが付きそうなので、やむを得ず。

<馬連>

以下、馬連1点”3000円”
2-14:3000円

<3連複>

以下、6点”9500円”
2頭軸(2,14)
2-14-4:1200円
2-14-5:1800円
2-14-7:1400円
2-14-8:1600円
2-14-13:900円
2-14-15:2600円

<3連単>

以下、24点”11000円”
フォーメーション(20点)
2-14-4,5,7,8,13(5点 各300円)
2-4,5,7,8,13-14(5点 各300円)
14-2-4,5,7,8,13(5点 各500円)
14-4,5,7,8,13-2(5点 各500円)

ダノンプレミアム(15番枠)はオッズが付かないため、フォーメーションから外して購入額を上げて調整します。

通常(4点)
2-14-15(1点 各500円)
2-15-14(1点 各500円)
14-2-15(1点 各800円)
14-15-2(1点 各1200円)

まとめ

合計、33500円。
ワイドが当たれば、安田記念では負けないです。(must)
3連複が当たれば、上期のマイナスを優に超えることができます。(want)

少しでもご参考になれば、ブログランキングにご投票お願いします↓
ブログランキング

著者
Baken-GO

Baken-GO

コメントを残す